健康な体を維持し、逆流性食道炎を予防しましょう。

診察室

定期的な健康診断を

人間ドックの中でも脳ドックは年を取れば絶対に受けるべきものです。定期的に受けることで脳梗塞などのリスクをなくせます。京都では評判のクリニックが多く、安価で行えるところもあります。

医者

生まれついての病気

脳動静脈奇形とは、生まれついての病気であり、場合によっては手術をしなければならない場合が多いです。現在では治療法も増えており、安全に治療できるケースのほうが遥かに多いです。

規則正しい生活が大事

ナース

逆流性食道炎になると

逆流性食道炎とは、その名の通り胃酸が逆流してしまう病気です。胃酸はその名の通り酸性であり、食堂を流れることにより粘膜が傷つき、炎症を起こしてしまうのです。例えば、お酒を飲みすぎたり、ストレスが溜まり続けた結果、ゲロを吐いてしまうことがあると思います。一度はいた時、体の中に何かもやもやとした不快な感じが発生することもあるかと思います。あれが常に続くようになるのが逆流性食道炎であり、早めに解決しないと不眠症になったり講習がひどくなったり、最悪の場合胃の中が荒れて食欲不振など様々な症状を引き起こすこともあります。このことからわかるように、逆流性食道炎は放置してはいけない病気なのです。

改善方法

逆流性食道炎の前兆として、吐き気や胸焼けがひどくなったり、やたらおならやゲップが出るようになることがあります。こうなった場合、まずは病院で相談をし、早めに対策を練りましょう。そんな逆流性食道炎ですが、治療法は実際には極めて簡単です。クリニックにて胃酸を抑えるお薬を処方してもらい、用法用量を守って服用すれば胃酸過多な状態が解消され、症状はだいぶ抑えられます。後は、日常生活の見直しをすれば次第に症状はなくなります。例えば、逆流性食道炎の原因がストレスだった場合は睡眠の時間を増やすのが有効です。睡眠はストレス発散に最も効果を発揮してくれるものであり、質の良い睡眠でだいぶ症状は緩和されます。他にも、飲み過ぎや食べ過ぎが原因ならば、摂取量を減らすといった手段が挙げられます。

相談

糖尿病にならないために

糖尿病は、一度かかったら永遠に付き合い続けなければならない病気です。そのため、血糖値には十分に注意しましょう。血糖値を下げる方法で一番注目すべきなのが、食事飲み直しです。